絵本の世界に魅せられて

読み聞かせで読んだ本、好きな絵本などを紹介します。

昔話から 鬼婆の話

小学校2年生にむけて。

f:id:kyon21:20190609143734p:plain
さんまいのおふだ

さんまいのおふだ (こどものとも傑作集)  福音館書店 水沢謙一 作 梶山俊夫 絵

定番の昔話の一つです。
便所の神様に助けてもらう場面と三枚のおふだが障害物を作り出す場面、そしてさいごの鬼婆と和尚さんの問答の場面 それぞれ子どもは引きつけられます。
地方によって、類話がいくつかあるので 知ってるお話とちょっと違うと思うこともあるかもしれません。
「あおいたま あかいたま しろいたま」というのが鬼婆の描写がとてもねっとりと怖いので、子どもの年齢にあわせて本を選ぶとよいかもしれないですね。


f:id:kyon21:20190609144453p:plain
くわずにょうぼう

くわずにょうぼう   福音館書店   稲田和子 再話  赤羽末吉 絵

こちらも類話がいくつかあります。
ご飯を食べずによく働く女房がほしいとおもった男のところに、きれいな女房が現れてよく働くいい嫁だとおもっていたら、実は大食らいの鬼婆だったという話。

いい女房と男が疑いかける場面、鬼婆とばれて男を連れ去る場面、男が鬼婆から逃げる場面とこちらもはらはらどきどきの展開が飽きずに話をすすめてくれます。

怖いものは怖く、はらはらどきどきしてもきちんと決着がついて、助かる!という展開は子どもの心に安心感と満足感を与えるといわれています。
絵もお話に見合ったものの方が、想像力や雰囲気を壊さずに心に届きます。
絵本を選ぶときに参考にしてみてください。


鬼婆って恐ろしいけど、決して負けてしまうものではなくて、苦手ものがあったりするのもちょっと人間くさいように思います。
鬼婆の話、たくさんありますのでまた、紹介したいと思います。